SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGs

SDGsに対する日豊機工の方針

日豊機工では、「レンタル事業」を通じて、2015年に国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に貢献してまいります。

環境への負荷を抑える+投資コストを抑える ⇒レンタルサービスによるSDGsへの貢献

SDGsに対する日豊機工の考え方

 

日豊機工は、1981年に創業以来、主軸事業である冷凍・冷蔵機器・厨房機器のレンタルサービスを、長きにわたり行っておりますが、そのレンタル事業そのものが、まさにSDGsの考え方に一致するものであり、 様々な分野のお客様に、様々な場面で、”必要な時に・必要な物を・必要な期間だけ”利用していただくことにより、”環境への負荷軽減”と”経済成長への貢献”の両面を実現し、社会貢献に寄与してまいりました。

 

更に、レンタル商品が老朽化によりサービス提供が困難となった場合には、単に廃棄するのではなく、下記のような段階的な廃棄物を最小限に抑える活動を継続的に行うことを徹底しております。


① (特に冷機について)地球温暖化への影響の対策として制定された「フロン排出抑制法」に従った日々の運用とフロンガスの回収
② 製品の部品レベルまでの分解による、メンテナンスへの再利用
③ 徹底した分解分別による再資源化、リサイクル業者への引き渡し


また、近年、大規模な自然災害が頻発し、加えて、新型コロナウイルス感染症などの自然災害以外のリスクも世界的に顕在化しています。
こうした自然災害や感染症拡大の影響は、個々の事業者の経営だけでなく、社会全体にも大きな影響を及ぼすおそれがあります。

日豊機工では、CSRの観点からも「事業継続力強化計画」の認定を取得し、事業の継続を通じて、社会に貢献し続けるようにこれからも取り組んでまいります。

SDGsに対する日豊機工の主な取り組み

関連する項目取り組み内容
・レンタル事業を通じた資源の有効活用と廃棄物の削減推進
・省エネトップランナー制度をクリアした省エネ商品の積極的仕入れ
・レンタル商品照明のLED化推進
・社内インフラの省エネ化
 (物流センター照明のLED化、電動フォークリフト、ペーパーレス推進)
・フード・アクション・ニッポン推進パートナーとして食文化への貢献
・豊富な品揃えと万全な搬入体制による急な需要への緊急対応
・安定した業績の維持
・事業継続力強化計画の認定取得
・自然災害時の炊き出し向けレンタルなど、非常時での迅速なレンタル貢献
・フロン排出抑制法の順守、各種関連法令の遵守
・レンタル商品の確実な出荷前整備確認により、
 フロンガスの漏れ防止や製品不具合による環境負荷の抑制
・排出ガス規制適合車輌の導入
・社内ゴミの分別廃棄の徹底
・安全管理の徹底
・安心して働ける社内環境作り(福利厚生、健康診断、女性活躍)
・資格支援制度による従業員のスキルアップ支援

冷凍・冷蔵ショーケース、業務用冷蔵庫、熱器具、
フードサービス機器、展示会備品など、
レンタルのことならお気軽にご相談ください。

対応エリア
全国各地にレンタル対応 
※離島は除く

お電話でのお問い合わせ
048-624-5777

このページの先頭へ